チューニングセラピー

波動医学

チューニング セラピー


最初に興味を抱いたのは25歳の頃でした。それは「a,i,u,e,o」の発音と脳の活性との出会いでした。


それから第一次呼吸システム、経絡、自律神経調整による免疫との関連、ロバート フルフォードDOのバイブレーションと波動、そして音楽療法、宝石セラピーやフラワー・セラピーなのとの出会いでした。


それがある時、ひょっとしたことから全てが繋がるきっかけを思い付きました(カモ?)。音叉(チューニング フォーク)を用いた方法です。探していたものが身近にあったのです。


最初に言います。これはあくまで理学療法です。決して万能の治療法ではありません。この治療法は治癒過程を早めるだけで、カイロプラクティック(手技による治療)の補助となる手段に過ぎません。(写真提供:江崎器械)


それに気付いたのが40歳の頃でした.カイロプラクティックは“手”という意味ですから、どうしようと悩みました。


そこで還暦の年になるまで封印することに決めました。しかし頭の中で常に考え、悩み続けました。


そして還暦を迎えた今、封印を閉じて、新たな挑戦が始まりました。

a,i,u,e,o

まずはア、イ、ウ、エ、オから、つまり母音です。日本語は全てアイウエオで形成されてます(ンをウに入れるかを検討中)。これを考えるきっかけになったのは35年前に「阿含宗」の桐山靖雄さんの本を読んで、お経と脳の活性化を知ってからです。

 

この母音は脳を活性化させるだけでなく、治療にも役立つのではと、ズ-ッと前から考えていました(実際に患者さんに試して効果を得ています)。


詳しくは解明しだい徐々に紹介して行きますが、a ~ o は5音です。


また経絡で考えている五行説との関連を考えていたら、ついに見つけました。密教のチャクラと繋がっていました。チャクラは7箇所(7音)、以下に紹介します;


眉間   イ (木  空  肝臓・胆嚢)

喉    エ (金  風  肺・大腸)

胸    ア (火  火  心臓・小腸)

腹    オ (水  水  腎臓・膀胱)

丹田   ウ (土  地  脾臓・胃)


あと頭頂と関連するムーと会陰と関係を持つンーがあるらしい。これはもう少し考えてみたいのですが、イと関連する眉間の部分は前頭連合野と結び付くかも知れません(ひょっとすると頭頂部と繋がるかも知れません)。


そしてドレミとの繋がりも検討中です。ドーはオ、レーはエ、ミーはイといったぐあい。


また第一次呼吸システムとも結び付くと期待しています。


医療が一般的に用いる128Hzはド(c)、半数の64、その半数の32,16Hzも同じドになることが判明(もちろん倍数も、256Hzなど)。しかし何故、ドを検査に使用しているかは不明です。ちなみに;


レ(d)は293,7Hz

ミ(e)は329,6Hz

ファ(f)は349,2Hz

ソ(g)は392,0Hz

ラ(a)は442Hz

シ(h、b)は493,9Hzだそうです。


ドとソは同じオー、ミとシは同じイー、ファとラは同じアーです。するとア、イ、オとエの4音となります。


どうもア、イ、オが気になります。


音だとド(ソ)、ミ(シ)、ラ(ファ)ですが、皆さん、大昔(ギリシャ時代前)は、ドレミファではなく、ラから始まっていたのをご存知でしたか?つまりラ、シ、ドで始まったのです。


何か繋がりが見えませんか?面白いでしょう!

内胚葉、中胚葉、外胚葉

まだ確実な情報が得られていませんが、私たちの細胞は3つに分かれて進化します。


3つ、すなわち3音に分かれると考えられます。この繋がりも考えて行きます。


等々、少しずつですが、挑戦は続きます!

波動医学

還暦を迎えましたので、本格的に波動の勉強を始めます。ライフ スパンで何かを得たいと考えてます。まずは波動に関する本をご紹介します。


●「バイブレーショナル・メディスン」リチャード・ガーバー 日本教文社

●「波動の超革命」深野一幸 廣済社

ロバート フルフォード

彼の存在は大きいと考えてます。「20世紀最大の奇人」と呼ばれた人です。


●「人はなぜ治るのか」アンドルー ワイス 日本教文社

●「癒す力、治る力」アンドルー ワイス 角川文庫

●「いのちの輝き」ロバート フルフォード 翔泳社

●「サトル オステオパシー」ザガリー コモー たにぐち書店

オステオパシー

波動には繋がらないかも知れませんが、復習を込めて読み直してみました。


●「内臓マニピュレーション」 ジャン・ピエール・バラル スカイイースト

●「内臓マニピュレーション I I 」同上

●「頭蓋仙骨治療」J. F. アプレジャー 同上

●「頭蓋仙骨治療 II 」 同上

音楽・数学

音楽も数学も奥が深そうです。


●「音律と音階の科学 新装版」小方厚 ブルーバックス

●「音楽嗜好症」 オリヴァー サックス 早川書房

●「響きの科学」 ジョン・パウエル 同上

●「素数の音楽」マーカス・ヂュ・ソートイ 新潮文庫

●「シントメリーの地図帳」 同上

●「数字の国のミステリー」 同上

●「フェルマーの最終定理」 サイモン・シン 同上

●「暗号解読 上下巻」 同上

●「電気革命」デェイビット・ボダニス 同上

●「ポアンカレ予想」ジョージ・G・スピーロ 早川書房

●「ポアンカレ予想」 ドナル・オシア 新潮文庫

発生学・物理学

やはり、「波動医学」を学ぶには、発生学や物理学も必要だと思うようになりました。


●「ヒトのなかの魚、魚のなかのヒト」 ニール・シューマン (早川書房)

阿含宗・密教・空海(宗教一般)

密教だけでなく、精神科学の立場からも捉えてみたい。


●「宇宙の響き(中村天風の世界)」神渡良平 致知出版社

チャクラ

チャクラも反射点として考えて行きたい。

●「7つのチャクラ」 キャロライン メイス サンマーク文庫

●「チャクラで生きる」 同上